医療心理学・行動医学に関するネットワーク

【Grappo研究会2013実施のご報告】

8月 23rd, 2013

Grappo研究会2013を下記通り実施しましたので、ご報告いたします。

  • 日時:2013年8月18日(日) 11:00-17:00
  • 場所:大阪大学中之島センター302

プログラムは、午前の部(11時‐13時まで)と午後の部(13時‐17時)の二部構成でした。午前の部は、Grappo運営メンバーを中心に、今後のGrappoの在り方についてディスカッションする時間にあて、午後の部を、臨床レクチャー、研究レクチャー、研究計画発表にあてた、とても盛りだくさんの内容でした。

午前の部では、平井啓先生から「今後の医療心理学を考える:Grappoに何ができるのか?」と題してご講演をいただき、ディスカッションをしました。まず、がんに関する政策や内実的な現状といった全体の流れを知った上で、研究を進める必要性についてお話があり、Grappoがターゲットとするような医療心理学の立場で貢献していく方法として、「医療における問題解決に行動科学に基づく行動の予測と、それに対する対策を立案、実行することに専門家として携わること」がひとつの方向性として示されました。これは、臨床において心理士として患者さんに接する場面であれ、心理学者の立場から研究デザインを考える場面であれ、共通するところがあり、今後の個人の研究活動やGrappoの活動を考える上でのひとつの方針になると感じました。特に、患者さんやご家族が経験される難しい場面での意思決定に関して、心理士がコンサルタントとして介入することでうまくいった事例の紹介によって、「全体の行動の予測」とその解決策に関する「個別性の重みづけ」の両面から、考えることができました。

午後の部の臨床レクチャーでは、酒井清裕先生(近畿大学医学部付属病院)から、「臨床現場で知っておきたい、器質的データの見方」と題して、ご講演いただきました。血液データを中心に、具体的な数値を提示しながらのとてもわかりやすい説明の後、「せん妄」を具体例として、器質的データの有用性を知り、武器として活用するだけでなく、データを通して、患者さんの何をみるのかという点に心を配ることの大切さを、ミニクイズをはさみながら、巧みな話術によって、伝えてくださいました。特に、器質的データから読み取れることを理解した上で、せん妄のリスクの高い患者さんの環境調整を考えることにより、心理士が他職種の専門家と協同していく際に求められることがより鮮明になったように感じます。

また、研究レクチャーでは、佐藤寛先生(関西大学)から、「介入効果の評価のための統計的手法」と題して、ご講演いただきました。心理学的介入の効果を研究としてまとめる際に有用な統計手法として、混合モデルを取り上げ、「数式を使わずに」、わかりやすく解説してくださいました。従来の解析モデルに対しての混合モデルのメリットを強調しながらの、デモンストレーションによって、より身近で便利な統計手法として、混合モデルを理解することができました。統計手法としての議論にとどまらず、医療における介入研究におけるデータの扱いについても学ぶことができました。また、何かと統計的に武装するのが難しい一事例実験デザインのための統計手法についても解説いただき、興味深かったです。

最後に、研究計画発表では、福森崇貴先生(徳島大学)から、「患者のがん体験に接した後の看護師の認知に関する質的研究」と題して、ご発表いただきました。がん患者に接する看護師が、患者への共感を通して、自己犠牲的な偏った信念により「共感疲労」という状態になることに問題意識をもち、心理学的にそのプロセスを理解しようとした研究でした。とても興味深いテーマに関するわかりやすいプレゼンにより、ディスカッションが盛り上がり、時間が足りないほどでした。(まだ実施されていない研究計画の発表ですので、詳細を報告することは避けたいと思います)

全てのプログラムにおいて、レベルの高いご講演・ご発表をいただいたこともあり、本当に充実した時間を過ごすことができました。また、ご出席の先生方からの活発な質問や議論により、さらに理解が深まりました。何よりも、参加していて、とても楽しく過ごせたことと、研究に関してだけでなく、幅広くたくさんの刺激をいただけたことが印象的でした。この場を借りて、関係者各位に感謝申し上げます。

今回は、はじめてご参加くださる先生方も多数いらっしゃったので、懇親会以外でも、もう少し出席者同士での交流を持てる時間帯があれば、より良かったと感じました。今後も魅力的な研究会を企画・実施していきたいと考えています。Grappoの活動にご賛同くださっている先生方の積極的なご支援と、また新しい風を吹き込んでくださる先生方の積極的なご参加をお待ちしております!

(文責:塩﨑麻里子)

GRAPPO on facebook!

3月 9th, 2011

GRAPPOに関する最新の情報提供をFacebookで行うことにしました。論文紹介などまとまった情報は引き続きこちらのページで。

グラッポ GRAPPO on facebook

がん患者のための問題解決療法(PST-JC)報告書

12月 9th, 2010

がん患者のための問題解決療法(PST-JC)の実施マニュアルとワークシートを収載した報告書をSOLVEプロジェクトのWebページから無料ダウンロードできるようにしています。この報告書には、理論的背景や研究結果だけでなく、実施上のポイントを事例提示などを含めて詳しく記載しております。ぜひご利用いただければとおもいます。

PSTワークショップ@東京開催

12月 3rd, 2010

問題解決療法普及のためのプロジェクト<SOLVEプロジェクト>主催の第2回問題解決療法ワークショップ(専門家向け)を2011年1月30日に東京で開催します。11月28日に大阪で第1回を開催し、参加者のみなさまからご好評いただきました。詳細は以下のサイトを御覧ください。http://pst.grappo.jp/20110130/index_pro.html 

【学会報告】健康心理学会WS・健康心理学におけるfeasible, effective, meaningfulな研究計画の立案に向けて

11月 1st, 2010

9月12日に江戸川大学(千葉県柏市)で開催された日本健康心理学会において,研究計画の立案に関するワークショップが開催されました。平井先生より研究プロトコール立案プロセスについてのレクチャー,ついで指定討論者である自治医科大学の石川先生より,企業や行政との共同研究や実践のご経験に基づき,心理学の研究成果を政策に取り上げてもらえるための秘訣に関するレクチャーをいただきました。その後,私は人工透析患者の治療開始時のパーソナリティ変数や物事に対する態度が,その後の治療コンプライアンス行動や合併症発症とどのように関係するかを検証するための研究プロトコールについて提案を行い,ディスカッションの俎上にのせていただきました。 Read the rest of this entry »

【学会報告】第3回Medical Psychologist Networkミーティング

10月 2nd, 2010

第3回を迎えたMPN(Medical Psychological Network)ミーティングでは「医療心理学におけるプレゼンテーションとPR活動(Public relation)」がテーマであり、私からは「医療領域での広報活動」として発表させて頂きました。この発表を担当するように言われた時は、“臨床実践の話なので楽しもう”と軽い気持ちで受けました。しかし、その準備をする中でとても重要なテーマであることを感じました。 Read the rest of this entry »

【学会報告】サイコオンコロジーのワークショップ(日本心理学会)に参加して

10月 1st, 2010

日本心理学会にて、7年目を迎えるサイコオンコロジーのワークショップ(心理士の役割と教育プログラムについて)に参加しました。企画者は、岩満優美先生(北里大学)と企画者平井啓先生(大阪大学)です。話題提供は、企画者のお二人と、小野久美子先生(群馬県立がんセンター)が担当され、指定討論者として、中里克治先生(東京福祉大学)がご登壇くださいました。 Read the rest of this entry »