医療心理学・行動医学に関するネットワーク

12月, 2009のアーカイブ

第25回日本小児がん学会参加記@舞浜 2

月曜日, 12月 28th, 2009

11月末,ディズニーランドのすぐ傍の東京ベイホテル東急にて開催された小児がん学会に参加しました。舞浜駅から会場のホテルまではミッキーの送迎バスが走っており,これから学会と思いつつも,少しだけ夢の国気分を味わえました。今回とても印象的だったのは,公開合同シンポジウム「10代患者の死をめぐる問題」です。医師,看護師,チャイルドライフスペシャリスト,ソーシャルワーカー,ご遺族の5名のシンポジストの先生方が,それぞれの視点から,10代の小児がん患者の死と関わることについてお話しされました。子どもに死の概念どう伝えるか,患者とどこまで情報を共有し話し合うかなどについて,症例を交えながら,現場で関わる際の難しさや葛藤を語られました。「これからやりたいことがたくさんある」という若者が,どのように死と向き合い残された時間を過ごしていくのか,医療者や家族,友人などさまざまな人との関わりの中で,どのような最期を迎えていくのか,成人とは違う子どもならではの問題も多くあり,非常に考えさせられました。 (さらに…)

第25回日本小児がん学会参加記@舞浜 1

月曜日, 12月 28th, 2009

11月27日〜29日に千葉で開催された、第25回日本小児がん学会に出席しました。東京ディズニーランド内にあるホテルが会場だったため、ネズミの耳や白い手袋をつけた人々が周りにいっぱいいる中で、何とも奇妙な気持ちになりながら会場に向かいました。今回、私は「小児がん患者の造血幹細胞移植の同胞ドナー及び家族に対するインタビュー調査」という題目で発表しました。現在も継続して行っている調査の中間報告です。現時点では、ドナーの意思決定時の話し合いの形態として、「説明型」「話し合い型」「指示型」があることや、レシピエントが再発した多くの場合にドナーの罪責感がみられることが考えられるため、それらの点を中心に発表を行いました。発表の中で、ドナーの適格性を判断するためのHLA検査の時点でドナー候補となる同胞に十分な説明を行うことが重要、という意見をいただき、HLA検査後のドナー決定時と同様に検査前の状況もしっかりと確認していかなければと改めて思いました。 (さらに…)

JC:問題解決療法の枠組みをどう患者の記憶に残すか?

火曜日, 12月 22nd, 2009

問題解決療法(Problem Solving Therapy)は、認知行動療法の一技法で、欧米を中心に、がん患者、うつ病や不安障害、アルコール依存症、肥満・喫煙問題等においてその有用性が実証されています(丹野ら,2004 )。 (さらに…)

【論文】難治性小児がん患児の家族が経験する困難の探索

月曜日, 12月 14th, 2009

難治性小児がん患児のご家族が、どのような困難を経験されるのか、ということについてインタビュー調査をとおして探索した結果をまとめた論文が、「小児がん」に採択されました。2010年2月に刊行の47巻1号に掲載される予定です。ご関心のある方はご連絡ください。

吉田沙蘭・天野功二・森田達也・尾形明子・平井啓 難治性小児がん患児の家族が経験する困難の探索 小児がん(印刷中) (さらに…)