医療心理学・行動医学に関するネットワーク

6月, 2006のアーカイブ

末期がん患者への病名告知とコミュニケーションの現状

月曜日, 6月 26th, 2006

平井啓, 原俊昭, 篠崎毅, 布施和美, 村田静枝, & 柏木哲夫. (2006). 末期がん患者への病名告知とコミュニケーションの現状. 緩和ケア, 16, 179-184.

遺族調査により、末期がん患者への病名告知の現状を明らかにしました。

要約

末期がん患者の介護経験がある遺族に対して、がん患者への病名告知に関して質問紙による調査を行った。対象は、商業用のサンプルから選ばれた。調査の結果、患者本人と家族両者への病名告知率は30%であり、現在の日本では病名告知はまだ十分には行われていない一方で、患者本人に対して病名告知が行われた家族は、病名告知したことに肯定的な評価であった。また、医療従事者とのコミュニケーションに対する満足度もそれほど高くはなかった。これらのことから、今後病名告知が広まっていくことは、患者本人と家族、さらには医療従事者にも恩恵をもたらすものであると考えられる。また、医療従事者と患者・家族間のコミュニケーションの改善がさらになされていく必要があると思われる。

肺がん患者におけるサポートネットワークサイズとその予測要因

月曜日, 6月 19th, 2006

塩崎麻里子,平井 啓,所 昭宏,荒井弘和,中 宣敬:肺がん患者におけるサポートネットワークサイズとその予測要因.心身医学 46: 883-890, 2006.

要約

肺がん患者98名を対象に質問紙調査を行い,認知しているサポートサイズの実態を把握し,サポートサイズを予測すると考えられる変数を探索した.その結果,認知されたサポートサイズは中央値が3名,平均が4.3±2.8名(男性4.6±3.1名,女性3.5±2.8名),回答範囲が0〜20名であった.また,階層的重回帰分析を行った結果,検討した予測変数のうち情緒的サポートよりもサポートサイズの分散を予測していたのは,患者の病気に対するセルフエフィカシーだけであり,精神的状態(HADS),身体的状態(痛み,PS,代表的な副作用),年齢,性別,受療方法(入院・外来),婚姻状態には,有意な関係が認められなかった.サポートサイズの認知は,患者の認知的特徴に影響を受けることが示唆された.