医療心理学・行動医学に関するネットワーク

【学会報告】日本サイコオンコロジー学会第22回大会 9月30日~10月2日 広島 2

メルパルクホール広島で開催されたサイコオンコロジー学会総会(JPOS)に参加しました。
サイコオンコロジーに関わってまだ半年程度の私は、初めてのJPOSとなりました。

1日目のシンポジウム2「シームレスな心のサポート:がん告知から終末期まで」では、GRAPPOの平井啓先生がシンポジストとして参加され、がんサバイバーさんに対して開発された問題解決療法プログラム(PST)の理論的背景や進め方、これまでの症例を紹介されました。そして、心理士は、問題に対してできるだけ多くの解決策を提案する役割があるとお話されました。質疑応答では、平井先生の発表に対し、以下のような質問がありました。
1:Solution Focused Approachとの違いはなにか。
2:PSTでは、がん患者さんのみを対象としているのか。
3:面接の際、抑うつ傾向の患者さんの自動思考をとめる方法はあるか。
4:包括的システムを運営していくためにはマンパワーが必要だが、コツはあるか。
平井先生は、各質問に
1:エッセンスは一緒だが、PSTではがん患者さんが取り上げたい問題を扱う。
2:一般にもOKだが、がん患者さんに特徴づけられている。
3:明智龍男先生の論文にあるようにとても難しい問題である。まずはどう行動するか(活動表をつける等)を考えてもらう。
4:まだ不明確な部分が多いのでデータを蓄積し検討していきたい。
と回答されました。

同日に行われた明智先生のランチョンセミナー、大西秀樹先生のイブニングセミナーでは両先生ともにがん患者で精神の問題を持つ者が多いこと、精神症状への対応が重要であることを述べられました。

夜には会場8Fで懇親会が開催され、旧広島市民球場と広島の街並みをながめながらの情報交換となりました。また時間内に、奨励賞やポスター賞の表彰式があり、GRAPPOの吉田沙蘭さんがベストポスター賞を獲得しました。

2日目は教育講演「小児がん患者への対応」、シンポジウム4「コミュニケーション技術研修」に参加しました。教育講演では小澤美和先生が、相手が小児がんであること、子どもであることの特徴を踏まえながら、年齢ではなく個人の発達に目を向けてうそをつかずに悪い知らせ「Bad News」を伝えることが大切であるとお話されました。シンポジウムでは、患者さんとのコミュニケーションに関する教育について、コミュニケーションの技術を獲得するには体験学習が大切であること、シミュレーションは教育効果を高めること、「Bad News」を伝えるときに患者の意向をくみとる心構えが大切であるなどのお話がありました。

JPOSのワークショップやシンポジウムは、患者さんや家族、あるいは医師が「どういう時に誰に何をどうしたらいいか」といった実践的な話題が多く、すぐに臨床の現場で役立ちそうだなと思いました。また、演者の先生方のお話もわかりやすく、初心者にも親切で、壁のない学会であるという印象をうけました。学会のますますの発展を願うとともに、有意義な時間をくださった先生方に感謝いたします。

(文責:青江智子)

コメントを残す