医療心理学・行動医学に関するネットワーク

第3回 補完医療を考える会『メタボリックシンドローム』

第3回補完医療を考える会が8月10日に開催されます。今回のメインテーマは今話題の「メタボリックシンドローム」です。近畿圏の専門家(特に阪大関係)ですが、基礎から現場まで幅広い立場の方からのディスカッションが行われると思います。

第3回 補完医療を考える会テーマ:『メタボリックシンドローム』
共催:塩野義製薬株式会社

日時:平成19年8月10日(金) 18:30~20:30
場所:大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
大阪市北区中之島4-3-53 TEL:06-6444-2100

<プログラム>

「情報提供」:18:30~18:40 塩野義製薬株式会社
◆開会の辞:18:40~18:45 大阪大学大学院医学系研究科 生体機能補完医学講座 伊藤壽記

◆パネルディスカッション「メタボリックシンドロームを考える」
司会:磯 博康 先生(大阪大学大学院 公衆衛生学)
中村 正 先生(大阪大学大学院 内科学講座内分泌・代謝内科学)

【基調講演】18:45~19:15
演者:松澤佑次先生(財団法人 住友病院 院長)

【パネルディスカッション】19:15~20:00(各15分)
■「肥満、メタボリックシンドローム予防・改善における運動の役割」森谷敏夫先生(京都大学大学院人間・環境学研究科 応用生理学教室 教授)

■「メタボリックシンドロームに対する保健指導の可能性」野口 緑 先生(尼崎市環境市民局国保年金課 健康支援推進担当)

■「メタボリックシンドロームに対する食品開発」武田英二先生(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部臨床栄養学分野 教授)

【総合討論】20:00~20:30

◆閉会の辞:20:30~20:35 大阪大学大学院医学系研究科内科学講座 内分泌・代謝内科学 山﨑義光先生

コメントを残す