医療心理学・行動医学に関するネットワーク

【学会報告】ワークショップ「健康教育における戦略的コミュニケーションの方法」(日本健康心理学会第26回大会)に参加して

9月1~2日に開催された日本健康心理学会において, 学会広報委員の企画によるワークショップ 「健康教育における戦略的コミュニケーションの方法」が開催されました。 講師は我らが平井先生で,私はファシリテーター役として参加しました。

ワークショップの内容は,直前まで 平井先生とあれこれ意見を交わしつつ,練っていきました。 膨大にある平井先生のアイデアから この2時間を立体的に構成するためのトピックスをどう選び,組み立てていくか。 これを考えていく平井先生の思考プロセスにお付き合いできたことは, とても刺激的な体験で,ファシリテーターの役得だなあと感じました。

そして当日。 ワークショップ全体のスタイルは,ここ数年の平井先生の授業スタイルと同様, 受講者参加型の,双方向スタイルでした。 意見を求められつつの受講だと,必然的に「主体的に考えながら参加する」 ことになります。このスタイル自体,とても学びになりました。

内容としては,前半「戦略的コミュニケーション」に関わる講義が行われ, 後半は健康心理学会の広報を題材に, 「WHO(対象は?)」,「WHAT(どうなってほしい?何を伝えたい?)」 「HOW(どうやって?)」といった観点から具体的な広報活動について検討しました。 もっと時間があればと思うぐらい,あっという間の2時間でした。

受講者の方の感想が,健康心理学会のHPにも掲載されていましたので よかったらご参照ください。

http://jahp-public.blogspot.jp/2013/09/26nl.html

(文責:中村菜々子)

コメントを残す